2008年11月30日 (日)

3歳健診

811004
NATURA CLASSICA/NATURA 1600

3歳健診を受けてきました。

そこでちょっと笑えるエピソードが一つ。

まず先生から、色とりどりのお花畑に蝶の妖精が飛んでいる絵を出され
「ちょうちょはどれかな?教えてくれるかな?」と先生。
「コレだよ~」と蝶の妖精を指さすリオちゃん。
ココまでは良いのですが
「じゃあ赤いお花はどれかな?」という先生の問いかけに
「コレー!」と自信たっぷりに蝶の妖精の鼻を指さしてしまったリオちゃん。

そう、花と鼻、確かに発する言葉は一緒だものね。
確かに間違ってません(笑)

で、仕切りなおして
「そうだよね、それもお鼻だよね。
じゃあね、真赤なお花はどれかな?」ともう一度先生。
「コレだよ~!赤いよ~」とまたまたお鼻を指すリオちゃん。
そうなんです、良く良く見ると蝶の妖精のお鼻の先が赤いのです(驚)

もちろんその後、このたくさんのお花の中から選んでねと分かりやすく促し
キチンと色分けは出来たのですが
改めて子供の発想というか、その正直さが面白いなーと思いました(^-^)

歯科検診では虫歯ナシ。
視力・聴力検査は問題ナシ。

身長は89.9cm。
体重は11.9kg。

ただ最後、尿検査に問題アリ、の反応が。
どうやら若干の潜血が混ざっているとの事。
ちょっと心配。

その結果に対し、先生はそこまで深刻な様子ではなく
4歳になるまでに行われる3歳の定期検診の際に
もう一度尿検査のみして下さいとの事。

検診の前にジュースを飲んじゃったせい?とか
トイレに際にお尻強く拭いて切れた?とか
色々過ったりもしたのだけど
とにかく年明けもう一度、再検査してこようと思います。

| | コメント (5)

2008年1月29日 (火)

水疱瘡その後

81261
LOMO LC-A/NATURA 1600

昨年秋にお友達と温泉旅行へ行った際のLOMO写真。
今更ですがアップです(^-^;)

同じ背景、ショットでも、見比べてみると
デジイチとはホーント、雰囲気が全く違う。
何処となく懐かしさがあって、やっぱりLOMOは良いな~。

81262
LOMO LC-A/NATURA 1600

さて、この度はリオちゃんの水疱瘡に
たくさんのお気遣い本当にありがとうございます。
大変嬉しくコメントを読ませて頂きました(^-^)

水疱瘡のその後ですが・・・
26日土曜日、再検診に行ってきました。
いえ、正しくはパパが連れて行ってくれました。
発疹もだいぶ瘡蓋になってきていて、今週半ばまでには落ち着くそう。
今回は飲み薬はなし、引き続き塗り薬だけでの対処となりました。

発疹もそこまで広がらなかったので(特に顔はほとんど)
痒いんだろうけど、そこまで痒がらないから
我慢できる程度なのかな?
今のところ掻き毟ることはないので
多分、痕は残らずに済みそう。
それが一番の救いです。

ただ、発疹以外は普通に元気なので
ずーっと家で過ごしていたせいか
先週末辺りから「おでかけしようよー」と外へ行きたがって行きたがって
それを宥める事が大変でした。
体力有り余っているんだろうな。
日中は全然お昼寝しようとしないし。

かといって何処かへ出かけて誰かに感染させてしまうわけにもいかないので
結局、行き慣れた私の実家へ連れて行って
気を紛らわすのが精一杯でしたよ。

また、多少なりとも私やパパ、両親が病人扱いしているせいか
調子に乗ってわがまま言いたい放題娘に度々変身する事も。
ご飯は自分で食べるんじゃなく食べさせてもらいたい、とか。
思った通りに周りが動かないと発狂する、とか。
うーん、これは水疱瘡が完治しても引きずりそう~・・・(ToT)

そうそう、前記事で数日前に水疱瘡が感染したっぽいような事を書いてしまいましたが
水疱瘡の潜伏期間って2週間程度なんですってね。
勘違いしてました(恥)
と言う事は、お正月休み明けに感染したようです。
お正月は色んなプレイスペースで遊んだのよね~そう言えば(^-^;)

ともあれ、今度は明日明後日にでも、また再検診行って来ます。

| | コメント (6)

2008年1月24日 (木)

水疱瘡

81194
LOMO LC-A/kodacolor 400

リオちゃん、水疱瘡にかかりました。

21日の夜。
ほっぺに赤くポチっとニキビのようなものを発見。
時期外れの虫さされ?としか思わず。

22日の朝。
首に2ヶ所、同じく赤ポチを2つ発見。
また虫さされ?もしくはダニとか?と少々心配に。

同日お昼頃。
オムツを変えようをした時にお尻にいくつのも赤ポチを発見。
ビックリして服を脱がせてみた所
全身に満遍なく発疹が(T-T)

もしや水疱瘡?!と慌てて診察に行った所
予想通り水疱瘡と診断されました。
恐らく誰かから感染したのでしょうとの事。

先週末に外出した際、何人かの見知らぬ子供と接触しているので
多分それかな・・・
その中に水疱瘡治りかけ、もしくはかかり始めの子とかがいたのかなと(^-^;)

現在、水疱瘡約3日目。
発疹は日に日に広がり(でも今日明日が発疹のピークっぽい)
見てると私まで痒くなりそうな感覚。
リオちゃんも痒いのか、時にはかいてしまったり
でも私に「かきかきダメ」って言われると
冷たい床に寝転がったり体をしきりに捻ったりしています。
まだ2歳で痒さを我慢するのって辛いだろうなぁ・・・(ToT)

だけど発疹のみで、後は至って元気です。
発疹のせいで体全体は火照っているけれど
食欲はあるし、睡眠時間も変わらないし。
あ、ウンチだけは緩めかな。

今度は土曜日に途中経過を診るための診察。
もうしばらく家で大人しーく過ごそうと思います。

| | コメント (15)

2007年9月 5日 (水)

血液型

7941

少し前の話。
先々月、7月半ばに三種混合を接種した時の事。
血液型の検査も一緒にして頂きました。
リオちゃんを出産時、産院では血液検査を行わなかったんです。
産院曰く新生児の血液は不安定との事。
行きつけの小児科からも検査するならば1歳以降が良いと言われていました。

検査をしてから結果は1週間後。
それまでの1週間、何型だろう~?と妄想に浸っていた私たち夫婦。
私の血液型はO型、パパはA型。
OかA以外だったら訴訟を起こす!なんてパパはバカな事も言ってたっけ(笑)

結果は・・・
A型でした!
私と一緒だったら良いなぁと漠然と思っていたので、軽~くショック。
でも誰にでも「リオちゃんはママ似~」と言われて続け
ショック受けていたパパにとっては
血液だけは一緒で喜ばしいことかしら?
確かにパパの子で良かったわね~と言ってあげましたよ、私(笑)

ただ、小児科の先生のお話によると
リオちゃんの血液判定はまだちょっぴり不安定だそう。
血液型の判定は、血球側(表試験)と血漿側(裏試験)で行っているそうですが
その裏試験の判定が若干薄いんだとか。
でもまぁ90%はA型だそうで。
心配なようであれば、3歳を過ぎた頃に検査した方が確実と言われました。

取り合えず、リオちゃんの血液型はA型。
これまで無償に知りたくて仕方がなかったので、スッキリしたわ(^-^)

| | コメント (7)

2007年6月16日 (土)

夏風邪

76131

水曜日の朝。
起き抜けのリオちゃんに触れた瞬間、その体の熱さに驚いた私。
慌てて体温を測ると38.5℃。
久しぶりに高熱が出てしまいました。

心当たりと言えば・・・恐らく寝冷え。
布団を蹴飛ばし、飛び出して寝ているせいでしょう。
夜中、明け方、気がついた時にはかけなおしているのですが
未だ半端なく寝相が悪くバッタンバッタン何回転もしているほどなので
またすぐに飛び出してしまうの(>_<)

日中、行きつけの小児科へ連れて行った所
「恐らく夏風邪ですね」との事。
解熱剤と、鼻水が止まらなかったので鼻水止めのシロップを処方して頂きました。

木曜、金曜、まだ熱が下がらず体温は38.5℃~39.5℃を行ったり来たり。
幸い食欲は少しあり、通常の半分程度は食べてくれ助かったのですが
顔は浮腫んで瞼も異様に腫れぼったく何だか別人のよう。
大半を寝て過ごし、起きている時間はグズグズ、そして立つ気力がなくグッタリでした。

そして本日、ようやく熱が微熱、37℃前半程度までに。
好きなDVDを観ては喜んだり真似したりと随分元気になったけれど
ここ数日ずっと抱っこで過ごしていたせいかな、その延長で抱っこ抱っこの連続。
抱っこしないと何をするにしても「ダメ、ダメ」と泣きながら連呼。
でもそんな風に何かを主張出来るようにまで回復したって証拠よね(^-^)
合間合間に笑顔も見られるようになったので、ひとまず良かったです。

しかし、これからどんどん暖かくなると言っても
リオちゃんが何もかけずに眠る日が続く事に心配。
少しでも冷えないように、せめて腹巻でもさせようかな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

1歳6ヵ月健診

75131

15日火曜日、1歳6ヵ月健診へ行って来ました。
今回は指定された地区センターでの集団健診。
周囲からは偉い混むと耳にしていたので
余裕を持って受付開始時間の40分程前に行ったのですが
噂とは反して、私、恐らく2~3番乗り。
おかげでスムーズに健診する事が出来ました。

まずは保育士さんのお歌や会話、ちょっとしたオモチャを通しての遊び。
歌にどんな反応を示すか、名前を呼ばれたらキチンと返事が出来るか
またオモチャで遊んだらお片づけが出来るかと言った様子を確認されました。
リオちゃんはご機嫌だった事もあって、笑顔で全てクリア。

次に生活習慣やこれまでの成長記録に関して保護者を通しての誘導尋問。
コチラも特に問題なし。
その中で様々な言葉を発していたリオちゃん。
言葉に関しては発達が早い方だと◎を頂きました♪

身体測定では
体重 10.2kg.  身長 79.8cm.
大きくもなく小さくもなく標準の中の標準。

先生からの診察では歩く姿をチェックされたのですが
ここでリオちゃん、普通に歩かずふざけてつま先歩きの披露。
そう、つま先歩きが何故かここ最近ブーム化しているんです。
先生は異様に驚いて一瞬足の発達が・・・と勘違いした様子でしたが
大丈夫、誤解は解けました(^-^;)

最後は歯科健診。
これにはリオちゃん大泣きで先生だいぶ梃子摺ったけれど
虫歯もなく状態も至って普通で問題なし。
現在16本生え揃ってるようで、後4本生えたら乳歯が全て揃うとの事。
たくさん生えてきたな~とは思っていたけれど、もう16本あったとは。
通りで大きめにカットしたお肉も難なく食べられるようになってたわけだわ(^-^)

75132

帰りがけに絵本を1冊頂きました。
こにしえいこさんのまるくて おいしいよ
色とりどりのまるいシルエットが描いてあり
次のページはそのシルエットの食べ物が描いてあるという
分かりやすく単純な絵本。
でもその単純さが良いらしく、リオちゃん結構食いつき良いです♪

前回の10ヵ月健診から、かなり期間が開いたので
今回の健診は凄ーく楽しみにしていた私。
全てにおいて良好で本当に良かった。
リオちゃん、この調子でスクスク元気に成長して行ってね(^-^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

MRワクチン 

71234

1歳のバースディと同時期に受けよう受けようと思っていたMRワクチン。
所が年末年始にかけて風邪をこじらせ、お薬を長々服用していた事もあって
ようやく昨日、接種して来ました。
待合室では絵本を広げたり、他のベビちゃんに話しかけてみたりと
落ち着きなくハイテンションだったのですが
診察室に通されると表情が一変。
先生の顔を見るなり何かを察知したのか
私にしがみ付いて大号泣(>_<)
・・・先生=痛い事と言う記憶が沁みついてしまっているのかしら。
いつにない泣き声に、心も耳も痛かったです。

接種部には手書きワンワンのバンソーコをペッタン。
せっかく看護婦さんが上手に描いて下さったけれど
残念ながらリオちゃんは見えないね~(^-^;)

71235 

接種後も機嫌がなかなか直らず、しばらくグズグズしていましたが
泣くだけ泣いたらスッキリしたのかな。
頑張ったご褒美にと頂いた風船で元気良く遊び始めましたよ♪

風船、現在は空気が抜け始め宙に浮かなくなってしまったけれど
それでも頑なに放さず遊んでいます(^-^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

風邪?嘔吐下痢症?

612041

ココログがここ数日間メンテナンスをしていたのですが
その間、リオちゃん体調を崩してしまいました。
先週末からやけに食欲ないな、何となく機嫌が悪いなと思っていたものの
元気に動き回ってはいたので
単なる気まぐれだろうと、さほど深刻に考えていなかった私。
しかし12月5日の朝方に様子が一変。
真っ赤な顔をして咳ゴホゴホ、鼻水ダラダラ・・・しかも熱は38.9℃。
急いで病院へ連れて行きました。
診断は一応風邪。
だた腸がゴロゴロしているとの事なので
今流行りの嘔吐下痢症に進行する可能性も高いそう。
咳、鼻水を止めるシロップ、腸を整える粉薬、感染予防の粉薬
水分も取れない位にグッタリしてしまった時用の解熱剤等々
たくさんのお薬を処方して頂きました。


翌日12月6日。
早くもお薬効果が出たのか?
食はまだ細いものの自ら食べたいものを口に運ぶように。
クシャミした時以外は鼻水も出ることなく、熱も36.5℃と至って平熱。
咳だけが若干目立ちますが、いつも通りに元気に動き回っていたので
取り合えず一安心。
・・・のはずが、就寝時に突然の嘔吐。
髪もシーツもお布団も嘔吐まみれでリオちゃん号泣。
焦りました。慌てました。え?やっぱり嘔吐下痢症なの?
そんな私にパパはサラっと「糸コンが原因じゃないの?」
そう、この日の夕飯は肉じゃがだったんです。糸コンニャクが入っていたんです。
リオちゃん、その糸コンニャクを食べてしまったのよね。
確かに嘔吐の大半が糸コンニャクでした。
糸コンニャクが原因にしても自己嫌悪。
ゴメンネ、消化しにくいものを食べさせてしまって・・・(T‐T)

12月7日、本日。
あれから一度も吐いてません。
食もほぼ正常に食べるように。
咳だけは相変わらず続いていますが元気元気。
たくさんお喋りもするし、たくさん笑う。
どうかどうか、このまま完治に向かいますように。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

真っ赤なほっぺ

611206

リオちゃんのほっぺのガサガサ、分ります?
数日前から妙に赤いな赤いなと気になっていたら
次第にポツポツと湿疹のようなものが。
触ると皮膚の表面も若干かたいの。
これ以上悪化したらちょっとマズイと言うことで
昨日の午前中、皮膚科へ連れて行きました。・・・あ、パパがね。
では私はその間何してたかって?
はい、爆睡してました~(^-^;)
パパとリオちゃんが皮膚科に行って帰って来た事さえも気付かず
ずっとベットの中でゴーロゴロ。
たまにあるんです、こういうこと・・・。

結果は乾燥によるものだそう。
ベビーのお肌がデリケートな事はもちろんですが
リオちゃんのお肌はその中でもより乾燥肌だそうです。
元々私とパパが敏感肌だから、似てしまったのかな。
ヒルドイドソフトという乾燥対策クリームと
プロペトとロコイド軟膏を混合したという湿疹を改善するお薬を処方して頂きました。
これで早くツルツルほっぺに戻るとイイナ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)